なぜ3月と5月は乳酸菌に対する需要が高まるのか

乳酸菌は、季節とは関係があります。
というのもインターネットでの検索件数を見てみますと、特定の時期に人々からの需要が多くなっているのです。一般的には、3月と5月にその菌類に対する需要が高まるようですね。というのも3月と5月は、ネットで乳酸菌というキーワードを検索している方々がとても多くなる傾向があります。つまり新生活の時期などに、乳酸菌の求めている方々が増えているようですね。

 

季節の変わり目うんで乳酸菌の需要が増える

 

ではなぜその2つの時期に乳酸菌が多く求められるかというと、それには2つの理由が考えられます。まず1つ目は季節の変わり目です。
3月というのは、明らかな季節の変わり目ですね。冬から春に変わる時期ですので、ちょっと体調不良を覚える方々も多くなってくるのでしょう
腸内環境は、季節の変わり目とは大きな関係があります。そのような時期にはお腹の環境も変調をきたしてしまいますので、乳酸菌を摂取する方々が増えてくるのでしょう。現にある乳酸菌のサプリメントなどは、「季節の変わり目が辛いので購入した」というケースが多いようですね。

 

花粉症に伴って乳酸菌を求める方々が増える

 

もう1つ考えられる理由があります。花粉症ですね。
花粉症のアレルギーは、体の中に生息している抗体がちょっとおかしくなってしまうからです。それでアレルギー物質に過敏に反応して、身体の色々な箇所に変調をきたしてしまう訳ですね。
ところがお腹の中に乳酸菌が補給されると、徐々にその抗体の問題点も解決されるようになるそうです。
つまり乳酸菌は、花粉症に良い訳ですね。そして3月と5月という時期は、まさに花粉症のシーズンです。ですのでインターネットで、乳酸菌という商品を検索する方々の人数も増えるのでしょう